22a075b6美容皮膚科クリニックで受けられる施術のひとつに「ボトックス注射」というものがあります。

最近ではテレビのバラエティ番組などでもよく耳にすることがありますよね。
このボトックス注射というのは、主にシワやわきがといった治療に使われる方法です。

ボトックスとは?

ボトックスというのは、ボツリヌス菌という細菌が作り出す毒素を利用した治療のことをいいます。
ボツリヌス菌は土の中や海の中など自然界に存在する最近の一種で、とても強力な毒素を作り出し、食中毒の原因にもなる細菌です。

よく「1歳未満の子どもにハチミツをあげてはいけない」と言われていますが、ハチミツにはこのボツリヌス菌が含まれている場合があるからです。
通常は大人が摂取してもそのまま体外に出ていくのですが、乳児が摂取すると中毒となってしまいます。

話は逸れてしまいましたが、そんな恐ろしいボツリヌス菌の毒素を利用したボトックス注射。
このボトックス注射には、簡単に言うと筋肉(表情筋)を麻痺させる効果があります。

シワにとても効果的

たとえば、眉間によくシワを寄せてしまって何もしない状態でもそのままシワができてしまった…という、普段の表情によってつくられたシワに効果的です。
ですからおでこの何重にも並ぶシワ、目じりの笑いシワなど、普段表情筋の動きによってできてしまったシワにとても効果的だということです。
また、筋肉の働きを麻痺させることができますのでシワ以外にもなかなかほぐれない肩こりや顔の気になるエラ張りを取り除くこともできます。

ボトックス注射1本で、顔のたるみやシワを取り除くフェイスリフトの手術を受けたような大きな効果を得られるのがとても大きなポイント。
ボトックス製剤が体に行き渡るのを防ぐために、当日はマッサージしたり入浴で血行を良くするということはいけませんが、ダウンタイムもほとんどなくしかも多くの方が3日ほどで効果を実感できるといいます。

ボトックス注射にはリスクもあります。

注射する場所を少しでも間違えてしまうと、関係のない表情筋の動きをストップさせてしまい、その結果表情が失われてしまうということが。
ですから、ボトックス注射を受けるときには実績のある医師に施術をしてもらうよう、しっかりと下調べ・カウンセリングを受けるようにしてください。