ニキビ跡は、なかなか解消されない厄介な症状ですが、そのニキビ跡に効果的な成分にはアルブチンというものもあります。アルブチンは、メラニン色素を合成してしまう酵素チロシナーゼの働きを抑制することがわかっています。

ニキビ跡にはいくつかのタイプがあり、メラニン色素による沈着が原因となっているものもあり、このことからアルブチンには一定のニキビ跡への効果があるといえるでしょう。

クレーターにまで発展してしまっているニキビ跡を、セルフケアで解消するのは難しいのですが、色素沈着によるニキビ跡ならば、アルブチンをはじめとした有効成分によるスキンケアによって改善できる見込みがあるのです。

さらに、メラニンが原因になって発生する症状には一定の効果を持っているので、ニキビ跡だけではなく、シミやくすみなどにも効果を発揮してくれるのです。スキンケアをするならば、こちらのアルブチンについてはしっかりと覚えておきたいところではないでしょうか。