美容整形の中にはアキュチップと呼ばれる施術もあるのですが、同じく美容整形で行われているIPL治療の欠点を補うことができる治療となっています。

従来までのIPL治療器では、色素の薄いシミやそばかすに十分に反応しなかったのですが、アキュチップはシミや赤みにと、それぞれの症状に合わせて光の波長を変えながら、施術するものになりますので、様々なシミやそばかす、赤みに対応できるのです。

また、照射範囲が極狭いものなので、正常な周辺組織へのダメージも最小限に留めることができます。このように、従来までのIPL治療の欠点を補いつつも、さらに高い安全性を確立した画期的な治療法になりますので、美容整形の選択肢として覚えておくとよいでしょう。

治療の内容は、光のエネルギーでメラニン色素にダメージを与えると共に、コラーゲンの生成を促し、しみやそばかすを改善しながら、肌の活力自体も高めるという方法になっております。また、ダウンタイムが全くない、という部分もポイントになってくるはずです。

(一部引用:http://www.mediage.co.jp/menu/aqtip_spottip/